« 和民20周年記念キャンペーン | トップページ | 保険選び.com »

2012/07/06

認知症かな、と思ったら

認知症という言葉を知っていても、正しく理解している人はまだまだ少ないのではないでしょうか。例えば、“認知症は、病名ではありません。症状が集まった状態を指します。”というような、基本的なことも、周知には至っていないように感じます。

実は私も認知症については詳しくなかったのですが、数年前位から折に触れ、認知症の理解を深めるようにしてきました。そんななか言える事は、やっぱり認知症は早期の発見が重要・肝心であるということなんです。認知症 症状でも、初期の場合、物忘れなどと区別し辛く、家族でも年のせいにしがちなもの。ですが、そこで「もしかしたら」と僅かでも気になったなら、認知症 診断を受けてみたり、最寄の認知症 病院に相談してみた方がいいのです。私も家族から何かしらの認知症のサインを見聞きしたら、迷うことなく行動に移すつもりです。

認知症は“その人にあった薬を使用することで、症状が進むのを遅らせる”ことも期待出来るそうなので、皆さんも身近な人に思い当たるところがあれば、早めに医師や地域包括支援センターに話するよう、是非心掛けて下さいね。

ブログで口コミプロモーションならレビューブログ

|

« 和民20周年記念キャンペーン | トップページ | 保険選び.com »

レビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 和民20周年記念キャンペーン | トップページ | 保険選び.com »