« 4976堂 その7 | トップページ | LenovoのPC♪ »

2012/06/08

老人ホーム 種類

老人ホームと一口に言っても、実は様々なタイプのものが有るのだそうですね。老人ホーム 種類というサイトを見て、私はようやく自分のなかで老人ホームについて理解し、整理することが出来ました。同サイトでは、老人ホームの種類や特長をとても分りやすく紹介しているんですよ。

例えば、老人ホームの種類のひとつとして、グループホームというものがあるのですが、これは、こちらのサイトによれば、認知症と診断された高齢者が対象となる居住施設とのことで、正式には、「認知症対応型共同生活介護」と呼ばれているのだとか。入居対象は原則65歳以上、要介護1以上か要支援2以上の認定者で、ひとつの施設には5~9人を1ユニットとして、最大2ユニット18人までの方が利用されているようですね。介護サポートは排泄や入浴をはじめ生活全般に及び、職員と一緒に共同生活を送るなかでも、入居者の方が各自役割を持ち、自分に出来る手伝いなどを行うから、認知症の進行を遅らせたり、精神的にも安定した毎日を過ごせるようになるんですって。

サイトを見るまでは、老人ホームの種類の違いはあやふやでしたけど、きちんとそれぞれ目的があって、入居条件や提供されている介護サービスに差異があること等を改めて確認し得たのは、私にとって大きな収穫となりました。サイトでは、グループホームはもちろん、ケアハウス(軽費老人ホーム)や介護老人保健施設などについても詳しく解説されているので、皆さん一度ご覧になってみてはいかがでしょうか。なお、全国の老人ホームを検索することも可能ですので、老人ホームをお探しの方も是非どうぞ。

|

« 4976堂 その7 | トップページ | LenovoのPC♪ »

レビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 4976堂 その7 | トップページ | LenovoのPC♪ »