« 新築 仲介手数料無料 ゼロシステムズ | トップページ | ハローワークのことなら、らくらくハローワーク求人情報 »

2011/10/25

サントリーブルーローズアプローズ

昔から詩や物語で神秘的な存在、あるいは永遠の夢などの象徴とされてきた青いバラ。誰にも咲かせることが出来ないとも言われていたそうですが、なんとあのサントリーがバイオテクノロジーの粋を集めて、それを可能としたんですって。

『SUNTORY blue rose APPLAUSE(サントリーブルーローズアプローズ)』のサイトの「ブランドコンセプト」によれば、青いバラは1990年から開発が始まったそうですが、2004年の世界初の青いバラ誕生に至るまでは、悲喜こもごもがあった様子。私がとりわけ興味を持ったのは、同じくサイトの「誕生ストーリー」の内容で、“多くの青い花に含まれる青色色素「デルフィニジン」を、バラは合成することができません。”とあったことです。「それじゃあ、ムリ」と普通なら諦めたくもなりますよね。でもサントリーは違いました。青いバラを咲かせるために必要な青色遺伝子を見つけるために10年以上の歳月がかかっても、「夢はきっとかなう。」と信じて開発に打ち込んだと言います。見目麗しいサントリーブルーローズアプローズですが、この様な話を伺ったことで感慨も一入となり、私にはさらに魅力的に映るようになりました。下部に画像を載せましたが、皆さんにはどのように映るでしょうか。

現在、サントリーブルーローズアプローズ(花言葉「夢 かなう」)関連の商品は、バラ ギフトのほか、バラ 石鹸バラ 香水などが販売中となっています。アプローズが気に入った方は、チェックしてみて下さい。

この記事のネタはレビューブログからの紹介です。

ブログで口コミプロモーションならレビューブログ

|

« 新築 仲介手数料無料 ゼロシステムズ | トップページ | ハローワークのことなら、らくらくハローワーク求人情報 »

レビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 新築 仲介手数料無料 ゼロシステムズ | トップページ | ハローワークのことなら、らくらくハローワーク求人情報 »